2013年10月1日火曜日

昭和電線HD(5805)かあ。。。

昨日電線地中化の話が出たんで、第三弾ということで。
昨日「レンジ」相場の典型として住友電工(5802)を挙げました。一方昨日僕は古河電工を保有の主力の一つに加えています。

さて、電線といえばこんな銘柄もあります。
昭和電線HD(5805)です。チャートを見てみましょうか。
そう、バブルの時に大相場を作って以来、一貫して右肩下がりだったのです。
そして9月の出来高は最大級の盛り上がりで大きく反発しました。昨日は電線地中化にも触発されたかなかなかの盛り上がり。
 

短期的には正直買いにくいか。でも先月の冶金とかと同じ匂いはしますよねwこの株には確か「リニア関連」(超電導電線の技術があったはず)という側面も一応有りまして・・・。

注目して欲しいのは100円を大きな陽線で越した後、モミ合い、先週末、昨日と大きく放れて上昇した値動き。これが安値圏で出る時は「大相場」の気配と酒田罫線には記されています。いわゆる上値遊びというフォーメーションです。ていうかなんでそれに気がついてない!!、自分!!。
(先週末、放れて始まったところで目をつぶって買うべきでした)


ひょっとすると仕手系資金が買い集めていた可能性は有りますね。

最安値80円くらいのところからすでに短期間で120円まで急騰してますし、連日上髭有りの陽線を立ててますのでここで買うのは正直怖い。

でも・・・・。これだけ相場のなかった株が「初動」を起こしたとなるとそそられるのは事実。押したら買いたくなるかなあ・・・。最大の出来高は、相場のはじめと最後に出ます。相場のはじめの出来高だとするなら、この相場は「でかい」。数千万株が集められた可能性を感じます。

逆に短期過熱感があるからといって「絶対にこの手の株を今の値段あたりで空売りしてはいけません」
これは実に有意義なアドバイスのつもりです。たとえこの株が今より下がったとしても、その空売りは1000%間違いです。その空売りはヘタしたら命まで奪う空売りになるでしょう。

簡単に2倍三倍になるのもこういう相場の動き方です。空売りするならもっと良い株が他にあるんでしょうから。

もしも運良く100円位かで持っている人がいたらここは絶対に強気継続。いまからやるなら熱くならない程度に(1000株だけとか)で勝負、かな。業績回復揉み込まれるので「面白い」銘柄であることは間違いありません。過去の高値とは行きませんが300円くらいはあっても不思議ないのが今の相場です。

0 件のコメント: