2013年10月8日火曜日

相場が始まって5ヶ月

仕手系材料株の場合、大掛かりな仕手戦は時には何年も続きます。そりゃ、何年も準備してきたんだもの。そうやって売り抜ける。

一方で規模が小さい株の「仕手戦」は5ヶ月程度たったところで最初の山場が来ます。
信用買いと言うのは基本6っヶ月なのでその期限の売りに直面するからです。(6っヶ月ギリギリ持つひともいるけど、たいていはそろそろ期限だな、と思えば5ヶ月目ころに売ってくる人が多いんだな)

仕手系材料株をやる人は、初動が来て(信用買いの残がぐんと増えたと思われる日)から5ヶ月目には値崩れの心配を。群栄化学はまさに5ヶ月目に当たりますね。出来高が減ってるだけに売りがまとまってくるとドサッと売られる可能性は有ります。ポジショントークですがw

(いやまじで。この5ヶ月の法則は覚えておいて絶対に損はありません。絶対下がるわけではないですけど、警戒信号のひとtです)

0 件のコメント: