2013年9月11日水曜日

「四点天井」は(めったに)無い。

俗に三点天井(トリプルトップ)とかヘットアンドショルダーズとかいいます。
三回、同じような値段で抵抗して下がるというのがよくあるパターン。三回も抵抗すればみんな諦めて相場は下げに転じると。

じゃあ4点天井というのは無いのか?ギャンによれば「四回天井をつけるということは殆ど無い。もし4回めに再度高値まで戻ってくるとその株は新しい高値をとって上昇するからだ」

ただしまれに「四点天井」をつけるとその下げは急になるとも・・・。

さて日本郵船9101の株価

300円絡みのところ、三度つっかけて失敗。しかし今月4たびチャレンジするとここを抜いてきました。「「4点天井は無い」のですからここにチャレンジするところで買いを仕掛ける価値は有りました。
240円を下限にする変則的なトライアングルを形成したと考えるなら、上限300円、差額60円を300
に足して360円くらいまでの短期上昇があっても不思議ではないところ、押してもトライアングルの上限だった300円くらいのところで下げ止まるかな?そんなふうに見ています。今日売られた15円14円で腹いっぱい買い増し。300円切るようなら投げるし、プラスの間は放っておきます。

0 件のコメント: