2013年9月7日土曜日

ニュースの信ぴょう性

ネットメディアの発達でだれでも好きな事が言えるようになった。

僕の日記だって、ある意味では無免許?なアナリストのまね事といえるかもしれない。僕なりに本なり読んで研究して書いているわけだが、本職の人から見れば「なにをいい加減なことを書いているんだろう」と思うこともあるだろう。

さて、一部マニアの間で話題になった自動車の記事がある。

記事を読んでもらえればわかるのだが、

以下引用。
>だから、トヨタ製ハイブリッド車の多くは3回目の車検(7年目)を受けず廃棄されている。車検費用にニッケル水素バッテリーの代金+交換工賃の支払いが重たいからだと想像できる。これは、ある意味で「エネルギーの無駄遣い」だ。現在のクルマなら、ふつうに使えば、自動車税が増額される登録後13 年以降も平気で使えるのに……だ。
自動車評論家の国沢氏がブログで指摘している通り、そんなことはありえない。実際うちでもプリウス(先代)を使っているが、7年で廃車なんてありえない。中古で売り飛ばしても結構な値段になるし、バッテリー交換なんて遥か先の話だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まあ記事を書いた人の単純な思い違い、なのかもしれないがあまりにも思い違いのレベルが低くないか?そもそもプリウスが廃車されている話を調べたのか?


で、これが体裁の良いいかにも「マスコミです」ってな形のサイトに乗っていると「まともなニュース」として読者が認識してしまうんですな。ましてやヤフーニュースが転載すると「ちゃんとした媒体が作ったちゃんとしたニュース」だと思って読んでしまう。ヤフー自体は記事の中身のダダしい、誤りまでは見ていない。でも「ヤフー」のブランドを信じてしまう・・・。

悪貨は良貨を駆逐するとはいうけれど、こういうサイトが(きちんと真偽を確認しないで記事をどんどんアップする)増えれば、なにも信じられないっってなことになっていくんだろうなあ。

0 件のコメント: