2013年9月7日土曜日

日本とアメリカが「韓国を売る日」(色んな意味で)

日本はアメリカと軍事同盟を結んでいます。これは強固です。今回のシリア情勢のように、アメリカは味方が少ない時でもそれなりに「こころ強い味方」として日本を計算できます。

一方、韓国もアメリカと軍事同盟を結んでいます。これもそれなりに強固なものです。ただ、流れは若干変わりつつ有ります。それは「統制権」の返還問題です。

もともと、米軍(国連軍)が韓国に駐屯し続けるにあたっては、戦時、平時ともに韓国軍は米韓連合司令部の指揮下に入るという決まりが出来ました。司令部の偉い人はアメリカ軍人なので実質韓国軍はアメリカ軍の指揮下にあったというわけです。もともと軍事装備も限られていた韓国軍は米軍指揮下にいるほうが都合が良かったという面はあるでしょう。防空力、打撃力共に米軍に依存していましたし。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まあしかし。韓国の経済成長と「自尊心拡大」に伴い、「いつまでも米軍の下にいるのは我慢ならん」という機運が出てくるのは当然の帰結でした。盧泰愚大統領の1994年「平時」における統制権が韓国に「返還」されます。普段は韓国軍が自由にしてもいいよ、というわけです。ただし大規模な戦闘が発生した時は統制権は変わらず連合司令部(=米軍)が持ちますよ、と。これが現在も残る「戦時統制権」です。北が攻めてきた時の作戦プランも米国主導で作られています。

更に時代は進みます。反米、反日で知られた盧武鉉大統領の登場です。彼は「自主国防」を公約に掲げ「戦時統制権」の返還をアメリカに求めます。正直、かんこくの通商外交部も「アメリカはウンと言わない」とたかを括っていた感があります。しかしアメリカはいともあっさりこれを認めてしまったのです。。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
結局、アメリカ軍も予算の問題を抱えます。どこまで守るか?という問題は「どこまで守るのが経済的に最も効率的か」という問題にも帰結するんだと思います。

 
例えばサッカーで言えば、強い若い(バルセロナのような)チームなら前線から走り回り相手チームに前線からプレッシャーをかけて戦うほうが有効でしょう。こちら陣内に入らせない事が失点を防ぐ最良の選択肢です。中国やロシアの喉元である韓国まで出て行って相手にプレッシャーを掛けるという方法は経済状態がそれなりに良好であった米国の「ハイプレス」戦略として有効だったわけです。

しかし、アメリカはもはや昔の無尽蔵に軍事費を使える国ではありません。つまり「バルセロナ」ではなくなってきたわけです。それなら、前線から走り回ってプレスをかけるサッカーをやめて、守備位置を下げて守りを固めるサッカーをするほうが効率が良いのではないか?ある程度的に自由に動ける場所、パス回しをできる場所は渡すけれど、「ココは」という防御ラインを決めてそこから先は侵入させない、最後の一線は譲らない(迎撃ミサイルなどのネットワーク)。更に反撃する手段、カウンター攻撃の選択肢(この場合は爆撃機、潜水艦、ミサイル戦略核であり、どこにでも出せる空母艦隊であり、でしょう)も保有している。問題はどこまで防御ラインを下げるのが効率的か?日本まで下げるのか思い切ってグワムまで下げるのか・・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
つまり米軍が韓国を「見捨てる」日が来ないとは限らないと思うのです。フィリピンから撤退したように。もちろん、依然として「同盟国」ではあり続けるんでしょうが。韓国が今のように中国べったりを望むなら、アメリカが莫大なお金を費やして韓国に駐留する価値があるのかよ?と。日本が十分に防御力を備えるなら、韓国を中国もしくは北朝鮮に渡したって問題ないんじゃない?そう考えない日が来ないと誰が言えるのか。。。ドイツは統一することで旧東ドイツ部分も完全にロシアに対する盾になりました。しかしもしも朝鮮半島が統一すればそれはそのまま北朝鮮のように中国に政経で隷属する可能性は低くないのです(実際、韓国の中国に対する経済的依存度はおどろくほど高い。韓国株が上がらないのも、投資家が「中国のバブル崩壊で韓国もまきぞいを食うだろう」と見ているからでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
韓国は日本に対して「なにをやってもOK」と思っています。それは韓国の政府を含めて「日本は戦犯国だから軍事的にはもちろん、どんな手段でも韓国に手を出せない」と考えているからでしょう。そもそもアメリカの支配下にいる日本が、アメリカの同盟国に対して手を出すことはできない、と。加えて経済的に落ち目である日本は今更恐れることはないと。

日本は韓国を甘く見すぎました。半導体で抜かれ造船で抜かれ。気を抜けば自動車でも後塵を拝するでしょう。ここは心を決めて韓国を叩くべきです。その意味でスワップの一部は意志は英断だったと思います。韓国経済が壊れたら日本も被害甚大ですが、ここは痛みを覚悟してでも叩き潰すべきです。「経済戦争」だと思います。

なんなら、積極的に北朝鮮と国交回復してもいい。敵の敵と結んで背後を脅かす。兵法の初歩の初歩です。まさか韓国は日本が北と積極的に結ぶとは考えていますまい。あるいは北による韓国統一工作に陰ながら力を貸したっていい。というか南北分断を長期化させることに力を使えばいい。。。

そんなふうに思うのです。

韓国にお金をかしているメガバンク。来る韓国の不況局面ではではたっぷり貸し剥がしてください。ついでに韓国カラ売りすれば良い。不良債権が出たって元が取れるでしょうよ。


0 件のコメント: