2013年9月14日土曜日

韓国最大の軍艦、故障でw曳航中

 
韓国には「独島」と名前のついた超大型揚陸艦があります。名前の通り「日本を意識した」船と言われる独島は韓国海軍を象徴する大型艦で(旗艦では無いが、「シンボル」)メンツで作ったような船です。これだけヘリを搭載できる船は日本にもそうはありません。
 
写真は韓国の海軍の「象徴」アジア最大の揚陸艦「独島」
その名前は「日本が領有権を主張する」「竹島」の韓国名「独島」から。
一見すると「小さなヘリ空母」のようですが、船体後部から「LCAC」(戦闘車両とか歩兵を積んだ超大型のホバークラフト)を一隻もしくは二隻搭載可能。(なので強襲揚陸艦)。
本来強襲揚陸艦はもう少し小さなものなのですが、韓国は「一隻二鳥」をねらい、ヘリ空母として使うことも可能な船としてこの船を作ったのです。上陸戦闘の時は揚陸ホバークラフトを使って、揚陸艦として、海上戦闘の時は揚陸艦の代わりに対潜魚雷や対艦ミサイル、哨戒機能をつんだヘリを満載して使える用に作られていると。

「日本最大」(当時)の「おおすみ」よりも高性能!竣工当時韓国軍人は誇らしげに語ったそうな。韓国造船業にとっても「名実ともに日本の造船業を上回った」と。

もっともその名前のせいで永遠に日本に寄港することはできないでしょうがw。日本に見せびらかせない船です。


さてそんな「韓国海軍の象徴」独島ですがいま世界の軍マニアの失笑を買っています。故障で自力で動けなくなって黄海を母港まで曳航中なのです・・・。韓国海軍最大の軍艦、シンボルが、です。

というのも、発電機が火災で壊れたから。ああ、火災ならしょうがないな。不測の事態か。

いやまてよ?そんな大型船なら予備の発電機があるでしょ?ダメージコントロール(被害を受けても戦闘し続けられる準備)はどうなってるの???
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
実は。
独島ほどの大型艦ですから、ちゃんと発電機は4つ積んでました。ではなぜこんなお笑いが起こったか?

火災から遡ること5ヶ月前。
今年の四月、ある事件が起こっていたんだそうです。(隠されていました)
バラスト水を船に入れる途中で(独島は揚陸艦で大量のヘリや上陸艇、上陸人員を載せるため、逆に空荷にする時は船内にバラスト水を入れて水位を調整して船のバランスをとるそうな)スイッチを間違えて押してしまい、4この内の2つの発電機を水浸しにして壊したんだそうなw(その事故だって普通はありえない。間違って自爆スイッチを押しちゃったくらいのお笑いです。なぜ間違えて押しちゃうようなところにスイッチついてる???ヘタすれば「スイッチ間違って押したせいで数千億円の船が沈没する」ところでした。タイムボカンシリーズかw)

それだけでもお笑いですが、なんと「後2つあるから」故障した発電機を2つ取り外したまま、残り2つで航行してたんですな。(日本では考えつらいか)。普通は故障を直してから航海に出ます。いざ戦闘になったら危ないもの。「平和ボケ」ですな。

、残った2つで航行中、今月に発電機周辺で火災が起きた際、ひとつは丸焦げ。ひとつは消火作業で水浸し。結果全発電機を失った独島は黄海のど真ん中で浮かぶ鉄くずに。哀れ他の艦船に引っ張ってもらってとぼとぼと世界に恥を晒しながら黄海を帰路航海中です・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しかも発電機の部品は海外製で、部品は今お取り寄せ中・・・。今年の4月に浸水した発電機を治すのには来年の4月までかかるそうな。まあ、アホなミスで発電機を壊したことを世界に知られたくないんで、隠してたんでしょうね。かくしたまま残りの発電機で運用してたと。

また火災で水をかぶっただけの発電機は来月中一杯は修理に時間がかかるとか。(一個、もしくは二個発電機が治った状態で船を出すのか出さないか?そこが韓国軍の考え方が出るところでしょうね)。ケンチャナヨ精神で復帰すると思います。

てか、いざ戦争になった。攻撃されて壊れた。海外製なんで直すのに数ヶ月から一年かかるってんで戦争になるのか?「敵国」ながら心配しちゃうのです。

集団的自衛権を備えると、こんな国を支えなければいけないかのうせいが。。

おまけ。
投資家としてもすこし他山の石としなければいけない点が一つあります。

韓国軍は「日本に勝ちたい」と言うわけか「一隻豪華主義」に走ったきらいが有ります。イージス艦もアメリカや日本の船よりも大きく作り「一隻あたりの戦闘力は自衛隊より上」というのが自慢。でもそういうふうに少ない船に戦力を集めすぎると、その船が壊れたらどうすんの?というリスクを常に抱えているとも言えます。

投資も似ているかもしれませんね。

0 件のコメント: