2013年8月31日土曜日

トウカイテイオー

トウカイテイオー

若い人は知らないかもしれないが、空飛ぶ馬。僕に競馬を教えてくれた馬。ルドルフの種付け料をバブル化させた馬。いろんないろんなドラマを秘めた馬。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
トウカイテイオーの父はシンボリルドルフ。テイオーはルドルフの初年度産駒に当たる。期待の種馬だけにルドルフは当時国内に居た最高級クラスの牝馬に種付けされた。テイオーのオーナーも実は自分が保有するオークス馬と種付けするために種付け権を買っていた。ところが、たまたま上手くいかず、諦めてトウカイテイオーのお母さんに種付けすることにした。

たしか別冊宝島の競馬読本のコーナーで、「期待のルドルフ初年度産駒」みたいなコーナーがあったのだが、全然「期待されていない書き方」(1行程度)だったのを思い出す。

人間万事塞翁が馬。オーナーはその後たくさんの良い牝馬にルドルフを掛けあわせたが、ついにテイオー級のうまが出ることはなかった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
とにかく強かった。とにかく美しかった。とにかく空を飛んでいるように見えた。誰もがもう終わったと思った有馬記念で飛んできた。競馬で涙したのは秘密なのだ。全盛期の当時の最強馬、ビワハヤヒデ(三冠馬ナリタブライアンの兄)が最高の勝ちパターンで押し切ろうとしたところを問答無用に差しきった空飛ぶ足。怪我で1年間ブランクがありながら飛んできた「力」。あんな競馬ばかりなら、競馬も人気出るんでしょうけどね。それにしても豪華なメンバー、すごい競馬でありました。

後継種牡馬がついに出なかったことだけが残念。メジロマックイーンのように母の父として奇蹟の復活を遂げることはあるだろうか?。

0 件のコメント: