2013年8月25日日曜日

イプシロン 近づくぐんくつの音

イプシロンロケットが発射。このロケットを簡単に説明すると、既存のロケットのブースターを転用したりしてコストを削減した、日本期待の固体燃料ロケット。
人工知能やパソコンによる管制設備などを使い、組み立てから一週間ほどで発射でき、管制も二人でできるとか。画期的です。

そう、戦争時にあたっては、非常に厄介なミサイルとしてつかいうる。あとは移動式の発射台を開発するだけ。。。。

危険な時代になったものです。

0 件のコメント: