2013年8月19日月曜日

たしかに、富裕層の税金高すぎは問題ある。

どっかの社長が税金高すぎると文句を言ったらしい。

うちは富裕層ではないが、その意見には賛成する。普通の人は意識しないが、案外、簡単に海外には出ていけるのだ。こんな僕だって「香港で証券マンやらないか?」と誘われたことがあるのだから(もっともそれは向こうが僕の有り余る無駄な知識を勘違いした結果だが。すごくよく勉強していると勘違いしたんだなw)

英語ができない?そんなものなんとでもなるよとw

結局、いかなかったけれど。お金を持ってそこそこ知識がある人間なら簡単に移住できる。そんな現実を垣間見た新天地でした。お金もちは税金高すぎると思ったら海外に移っていくことは想像に難くない。あんまり税金を高くし過ぎると、「金の卵を産む鶏」(≒税金を収めてくれる金持ち)がどんどんゲージの外へ逃げ出してしまうんでないかと)今の税金は結構限界点なんじゃないかなあ。

2 件のコメント:

はまぢ さんのコメント...

(´・∀・)ヘーッ
本来税金って広く浅く徴収できれば良いんだろうけど、実は狭く深く取って賄ってるってことになるんでしょうね。
金持ちはもっと税金払え、とか一番多く言ってる層は結局、税金払ってないことになってるんでしょうねぇ

だけど、金持ちって自営にしてしまえば経費使えるじゃないですか
我々、サラリーマンから見たら羨まし、ですよ。

来年の税金どーしよ、なんて今から考えてる超弱小投資家のボヤキでしたw
株式始めて10年目で初の納税なんですよ(特定・源泉無)
お国にやっと報えると思う一方、なんか節税できないかなぁなどと考えております。

そういやご報告。
よみうりランドは先週中に利確しております。
なかなかに危ないところでした

新天地 さんのコメント...

はまぢさん
結局100パー納得する税制は難しいのかもしれませんが、あまりに極端に一ヶ所から取ろうとすると結局他に負担が回ると。

よみうりランドはご同慶のいたり。どっち行きますかねえ。