2013年8月17日土曜日

コマツ(6301) ポジショントークのコーナー

昔。田中角栄は「コンピューターつきブルドーザー」という異名をとったそうな。コマツの2006年以降の躍進はこのへんにあったりする。販売する建機にコンピューターなどを取り付け稼働状況を確認する「コムトラックス」という装置。コマツはこれで建機の動きを把握し、売上に結びつけてきた。更に今後はこれをパーツ単位で行い部品の交換状況まで把握して売上アップを目指す・・・・。


最初に。あんまり自信はないw買いの根拠は日経新聞に出てた「新しい工場稼働させてコストダウン!」の記事だけだ。

ただ、この辺、新しい工場を稼働させてコストダウンを図るなどしているホンダと重なる。
こういう不断の努力が他社を出し抜く例を見てるんで、買いでいいのかなと。

なんで上がってないかというと、キャタピラーの決算に代表されるように建機の売上が落ちたから。(それと先行きが不透明だから)特にインドネシア辺りの鉱山開発用の機械(売上多いし、利益率がべらぼうに良い)が資源価格の下落で売り上げ落ちえいること。中国の売上が1-3で落ちたこと、さらにどうしても新興国向けの売上が多いので新興国の景気後退が本格化すると言われる(なにせアメリカが金融緩和を終了させると、このへんから資金が引き上げられるから)こと。さらに中国のシャドーバンキングに代表されるチャイナリスクの問題。このへんが嫌気されてPERは10倍台に放置されている。

一方で中国は想定よりも悪くなってないとか、資源価格も下げ止まりかなあ?ということになっていることは支援材料。ドル円95円想定よりは円安。日本の重機需要は復興特需で底堅いということも支えになっている。なにせこの手の建機はまともに売れさえすれば驚くほど利益率が高い。寡占市場なんだね。

新天地注 最近、世界を見据えて戦えている会社は少ない。シャープのように世界を見据えて液晶を強化したら世界ごと倒れた例もあるけれど・・・。そうならないように祈りつつ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
チャート(クリックで拡大)
円安進行で3000円まで買われる場面があったものの決算への「失望」的なウリがでて下落。途中7月に英系のファンドが5%ルールに乗るほど株を買い集めたことで少しリバウンドしましたが、最近はまた明らかに機関投資家とみられる売りが計測してして続落基調になっています。今年に入ってからは2000円と2100の間で何度も底入れしてますのでできればこの辺りまで引きつけて買う。あるいは鍋底型の底入れや出来高を伴った上昇など「これは」という場面で仕込みたいですね。
逆に2000円を割り込んでいくなら損切りということになるでしょう。レンジした抜けですからね。

直近はある特定の大株主が売っているようで、そいつさえ売り終われば上昇に転じると思うんだけど。かなりしつこい売が出ています。

上がるとするならば、投資の効果が更に現れる4,5年後の株価で5000円くらい、かなあ。ただし資源価格が急落したり、途上国で深刻なショックが起こったり、中国がどうしようもなくなったりしない、という前提条件がつきますが。。。買ったら、ストップロスをかけて数年間放置する、そんな株です。もちろん、リスクも高めなので資金を集中することもおすすめはしません。こういう株もあるなあ、そんな株です。ただし「優良株」です。間違いなく。業界の中では最高水準の利益率をだせる(世界でです)、最近の日本株では珍しくなったブルーチップと言えましょう。懸念は世界経済の行方だけですね。

できるなら「キャタピラー売り、コマツ買い」のペアトレードなんかいい気がしますが。

0 件のコメント: