2013年5月13日月曜日

新天地にて

このブログはbloggerという無料のブログサービスを使って書かれています。以前は日本のヤフーのホームページサービスだけを使って日記を書いていたのですが、「ブログ」というスタイルが一般化しだしたのもあったし、其の時はヤフーのブログサービスが使いづらかったこともあって、このサービスに「鞍替え」しました。また、bloggerには簡単にグーグル広告が貼り付けられること(ブログのサービス使用料を取るどころか、簡単な設定だけでお金が利用者に入ってくるのです。たいしてヤフーのホームページサービスでは容量を追加するには有料サービスが必要でした)、またグーグルの提供する回析サービス(ヒット数がどれくらいあるか等)が簡単に使えることも魅力でした。

何よりグーグルのサービスだから、長期にわたって安定して利用できるだろうことも理由の一つ。しかもなかなか使いやすい。(新天地はそんなにホームページ制作の知識がないので助かります)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当時はグーグルといえば「検索サービス」でした。グーグルのえらいところはなんとかしてそれを「収益ビジネス」に変えよう、(広告ビジネスにしよう)ということに注力して成功したことだと思います。つまりプラットフォーム開発もやってますが、それは究極的には広告ビジネス(という現金収入)のためなんだろうと。たとえプラットフォームがこけてアップルだけが成功しようと、そこで自分の広告が使われればいい、と。そんなふうに思ってるんじゃあないかと。

一方でアップルがグーグルマップをiOSのデフォルト設定から外したように普通のプラットフォーム側から見ればグーグルのサービスが上屋を乗っ取ることでせっかくのお金を持ってかれてはたまらない、という面も。でもグーグルよりサービスが悪ければ総スカンを食らう。そこまでやるなら少なくともグーグルに伍していけるサービスを開発せねばならんというわけです。
(でもでも気に入らなければ「排除する」権利はあると。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このへんの信頼感と融通性とでもやっぱり土管化を見逃してては利益を逃すよ、というさじ加減。大事になってくるんでしょうなあ。

0 件のコメント: