2013年4月5日金曜日

MR.GTR,水野氏退社

日産自動車のエンジニア、水野氏が退社

自動車に興味のない人なら、水野って誰?ということかもしれない。しかし業界的には大きなニュース。アップルで言えばジョナサン・アイブがやめるくらい衝撃的か(余計わからないなw)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
水野氏と言えばNISMO時代に耐久レースのエンジニアとして世界的に広く知られた。ある自動車雑誌の受け売りによれば、過去に有名F1チームからマシン開発担当として移籍の打診を受けたが日産に骨を埋めるからと断ったという。

ここ最近では、現行のGTR復活を開発チーム(=カルロス・ゴーン直属の組織)のトップとして陣頭指揮。毎年モデルチェンジを行い(日本車としては珍しい)、水野氏自身が改良点を決め、チームで開発を行い、水野氏自身が最終的にテストドライブしてOKを出して来たという。

対外的にも自動車マスコミ向けに開発意図からセッティングの説明まで自分でプレゼンし「MR.GTR」と呼ばれてきた。GTRは内外の自動車評論家をして、ヒュンダイや中国メーカーがいかに頑張ろうとしても「GTR」はまだ当分作れないだろう、そう言わしめてきた。チームは「水野組」と呼ばれ、人材の育成にも定評があった。何より、ゴーン氏が直属の部下として抜擢するくらいだからその評価は高かった、はずなのだが・・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
健康面から一線を引いたのでは?という観測もある(確かに数年前の写真に比べると随分痩せたようにも見える)。後進が育ってきたから、という観測もあるそうな。ただ・・・。

(新天地注。現状では日産を退職しただけで新しい就職先が発表されたわけではない。単なる隠居かもしれん)

噂では(一部マスコミに「呼ばれたらどこでも行く、」と答えたことに尾ひれが付いている状態のようだが)水野氏の次の就職先は韓国ヒュンダイとも。

そう、電機メーカーをやめた技術者がサムソンやLGに引きぬかれ、どんどんキャッチアップされた既視感。韓国自動車メーカーのデザイン力はすでに日本を追い抜いたとも言われるがそれは欧米各社から引きぬいた自動車デザイナーのちからによるところも大きいだろう。今度は「走り」の部分を引き抜きに掛かった、そういうことかもしれないね。もしも本当にヒュンダイ(に限らないが)移籍が事実ならヘッドハンティングに成功した人はまさに大魚を釣り上げることに成功したといえるだろう。

(日本の自動車メーカーの多くは重要な人間に対して「退職しても一定期間はライバルメーカーには移らない」、なんて労働契約を結んでいるケースも有るとは言いますがこのへんは詳しくないので・・・)

しかし日産は痛いだろうね。お金では買えないものを失ってしまった。痛くないなら(他にも人材はいっぱいいる)大したもんだが「経営陣が痛くないと思っているだけ」なら組織として問題だろうなあ。
それは大げさに言えば日本の自動車産業全体としても痛手なのかもしれん。ゴルゴ13の世界なら移籍阻止のために射殺してしまいたくなるくらいの痛手なのかもしれん。どんなんや。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日産という大きな組織から見れば、エンジニア1人の退職なんて大したことではないのかもしれん。しかし、晴れ渡った空に一瞬の稲光を見た時に以後の天候の急変を知ることもあろう。今回の話はその稲光のような気がするのだ。捨て置く話ではないね。自動車アナリストさんなら事の背景を調査すべき話であるでしょう。今すぐ数字には出ないが、いつか株価に出てくる話だと。投資家ならそういう目で見ておくニュースでしょう。

0 件のコメント: