2013年4月22日月曜日

時間の感覚

富士山は休火山です。

突然何をいいだしたかというと、地学的には数百年噴火が無いというのは少しだけ休んでいるに過ぎないという事です。短い視野で富士山を見ている人はその本質を見ぬくことはありません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
相場は20数年ぶりの「バブル」相場のようです。20年というと随分昔のようですが長い長い相場全体から見れば、ほんのすこし振りに同じような相場が現れただけでしょう。

日々の値動きに追われると、毎日大きなうねりが発生しているように思われます。

しかしタームの長いチャートを書き、それを画として見ることで長期での流れが理解出来ます。
常に日足より週足、週足より月足、月足よりも年足をみて、長期の視野をもって相場を見ておく必要があります。(とギャンが書いております)

いまはまさにそんな時なんでしょう。これだけ動く時だから余計に近視眼的にならないように。

0 件のコメント: