2013年4月22日月曜日

食生活(と将来の国民負担)

新天地は貧乏です(一部嘘)

新天地の収入はいままで相当に上げ下げがあります。一番低かった「バイト」時代。いや無職の時代もあったか。逆に数ヶ月間お金を降ろさないで暮らすほどもらった時があります。ある月の月給を全額下ろして財布に入れたら、そのまま数ヶ月贅沢な暮らしを過ごせた位だったのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
経験則から行くと、貧乏な方が太ります。満腹にならないというかジャンクフード、菓子パンのたぐいは糖分や脂分が多いのです。お金が入ったり、あるいは奥さんと暮らし始めてはじめて結構的な食事バランスになった気がします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いま、所得配分の乱れから、低所得者層のご飯はジャンク化し、明らかに糖分過多に思います。
いまはいいかもしれません。しかし必ずそれは生活習慣病の急増という形に姿をかえ医療費は増大し、国民負担に跳ね返るはず。

外食業界はもう少し健康的な食生活を提案する義務があるんじゃあないかな?
菓子パンを食べながらそう思うのです(おひ

所得が下がってもいい、という小泉政策よりも所得を上げる方がいいという今の政権のほうが良いよなあ、と思うところはそんなところにもあります。(成功するかどうかはわからないですが。でも失敗したところで総理だけの責任ではもはや無いでしょう。人口ピラミッドはすでに悪すぎるのだから)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
食い物をちゃんとしなくて早死するのはその人の自由かもしれんけど、それで国民負担が増えるのはまずいでしょうと。

長野が長寿日本一になり、沖縄の寿命が急速に短くなっているのを知ると、そういう啓蒙活動大事やなあ、と思うのです。所得が上がればある程度食生活はまともになるけど、所得が少ない人にもまともな健康的な食生活を。

新天地にて、を見ている人はぜひ体重維持とともに健康に生きてほしいなあと。そうすれ国民負担も減るし、株は上がる(薬品株は下がるかもしれんが)。ささやかながら。

え?まず隗より始めよって?ごもっとも。

0 件のコメント: