2013年4月30日火曜日

強気を通すためには

中国も日本も意地の張り合いが続く。

安倍総理の10年首脳会談なくてもいいんだ、というのは間違いではない。
ただし、それには「日本が強ければ」という前提がかけている。

結局、何をやっても許されるには国力が必要なのだ。明治維新が富国強兵を掲げたのは、屁理屈が通り、清がひどい目にあうのを見てこれでは日本などひとたまりもない、と考えた人間たちが国力を上げ、国防力を強めたことに起因する。

残念ながらアベノミクスは景気を一時的に上向かせるが、日本の国力は若年人口をもっと増やさないと上がらない。そこを安倍総理はまだ勘違いしているようだが。。。

結局は経済力だろう。経済力さえあればみんな黙る。多分朝鮮半島以外はw

あそこはもう本当に無視しつつ徹底的に叩いていくしか無い。今は最大のチャンスだ。

0 件のコメント: