2013年4月15日月曜日

セブン-イレブン

最近マツコ・デラックスのテレビ占有度が高いらしい。なんでマツコがもてはやされるのか考察する人も増えてきた。ので僕も少し。。。っていっても結局受け売りになるんだが。

我が家は数年前からマツコ比率が高い(マツコの番組が始まるととりあえず録画する。奥様はブレークする前からマツコ面白い説を唱えてた)、とくに深夜番組は非常に見心地が良い。

番組を構成するのにマツコはハズレがない。関ジャニ村上氏が月曜から夜更かしの中で言ってたようにマツコ最強なのだ。おじさんであり、おばさんであり、でもどちらでもない。お笑い芸人のようでありながらそうでない。自ら構成作家でありMCをできるけれど、ひな壇に回ることができる(しかもその役目を「同時にこなしたり」する。しかも頭が切れて受け答えができて毒舌を吐くように見せながら、本質的には毒がない。評論家でありながら素人である。ゴールデンと深夜、あるいはキー局とMX、時と場合によって毒(に見えるもの)の量を自在に変える。しかも最後は「私なんて・・・」という態度をみせ視聴者の上には立たない。毒舌を言いながら、見ている方はマツコの側に回って自分も毒舌を吐いている気分になるので、ストレス解消になっても、嫌悪することが少ない。(マツコが何者でもありながら、視聴者の上に立たないからだ)。

怒り新党が月間のギャラクシー賞をとったことがあったけど、受賞理由のエッセンスってそういうことだと思うのだ。(そうそう、ギャラクシー賞(とダラクシー賞)は毎月チェックすべし。最近の受賞傾向からフジの墜落とテレ東、テレ朝の伸長を予感させた。さすがプロは見てるとおもた。)


このまえは池上彰と二人でゴールデンの番組やってたけど、二人だけで番組が成立してまう。池上彰の番組といえば池上+ひな壇で構成するのが普通だったけど、マツコ一人で何人ものひな壇芸人とお金のかかるセットを不要にして番組を成立させてしまったのだ。つまり「ダウンサイジング」なのかもしれない。(そんな番組ばっかりになるなら、テレビ局自体が不要になっていくのだろうが


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前置きが長くなった(おひ)

マツコの知らない世界というTBSの番組がある。マツコがMCを努め、そこにある分野の専門家(評論家)をよび紹介するという番組。(結構視聴率を出すので見ている人も多いと思うけど、もしも見ていない投資家がいるなら、すぐに録画リストに入れるべし。この番組で取り上げられた商品は文字通り爆発的に売り上げが伸びる)。インスタントラーメンが各地で品切れを起こしたりした。

本題。だいぶ前の話だが、冷凍食品の回で冷凍食品の評論家さんがちらっといった。「最近は冷凍食品の売上がコンビニで伸びてるんですよ。とくにセブン(セブン-イレブン)さんなんかは宣伝にも力を入れてまして・・・」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最近、ちょっと料理ができない時にいろんなコンビニを回ったのだが、僕も気がついてた。セブンにはいままでコンビニに置いてなかった(主力ではなかった)商品を主力で売ろうとする努力を感じたのだ。特に冷凍食品。「一食」のサイズにしたピラフやご飯などの食材。いままで冷凍食品といえば500グラム単位とかになってて(つまり売る側の論理だ)一食サイズではなかった。それが個人相手のコンビニだから一食サイズで売れるし、買う方も便利だ。おそらく利益率もソッチのほうが高くなるのでは???

冷凍食品だけではない。一食食べきりのパウチされた食材。クックドゥーてきないわゆる中食分野のレトルト商品。高齢化社会というか、個食化を睨んだ商品。でも味気ない「弁当ではない」商品。テレビCMの打ち方とか陳列の仕方から、ここに商機を見出していることがわかる。ひょっとしてこれは消費スタイルを大きく変えていくのかもしれんね。大きな駐車場に車を止めて数十分かけて食材を買い込みまた車で戻る消費スタイル。それがコンビニに車を止めてちょこっと買い込むスタイルへ。食品スーパーや他の小売にマイナスの影響を与え、セブン一人勝ちの結果をもたらすかも???。そんな妄想に取り憑かれてます。

(イオンなんかは、明らかに郊外大型転から小さな食品スーパーに変わっていこうとしているけど、そのスピードを上回って店舗のダウンサイジングが進んでいこうとしている気がする。対応しだいでは業績に出てくるんだろう。店舗開発の会社も上場してたと思うけど、このへんにも影響でてるんだろうなあ)

さて、セブンのPBに供給してるのはどこなのかねえ。冷凍食品。というか、PBに取って代わられるようだとNBサイドとしては辛いか、冷凍食品。

おまけ(10年前からお菓子業界ではコンビニに陳列されない商品は消えていった。お菓子は「自立する」パッケージングがふえた。箱詰めには効率悪いがコンビニで並べやすいからだ。冷凍食品も「スーパーの特売」=大きなサイズから個食化=一食食べきりサイズへと包装の主流を変えていくかもしれんね。また、お菓子業界がそうであったように、冷凍食品も如何にコンビニに並べてもらうか?が勝敗を分ける時が来るかも。自立する冷凍食品や一人分の小さなパッケージが流行るかも。どうだろうか?)

おまけその2
ちょっとまえ、プレミアムロールケーキの大ヒットで名を上げたローソンだけど、後が続かない?食べたいと思う商品が新しくでてこない。開発体制か人事がそもそも予算?なんか致命的な問題を抱えてないか??他人ごとながらチョと心配。いまは売れてても何年もは持たないと思うのは気のせいだろうか。

0 件のコメント: