2013年3月8日金曜日

結婚契約書

こんな記事が出てました。結婚契約書についてです

結婚契約書って聞いたことあります?アメリカとかセレブが結婚する時に結ぶやつです。離婚する時に多額の慰謝料を取られたり裁判で泥沼になるのを避けるため予め契約でお金とか親権とかを決めておこうというやつです。

結婚契約というとそういう特殊な契約があるとか思いがちですがそうじゃあありません。近代民法は「契約自由」の原則で成り立っています。つまり、お互いの意思表示があり、公序良俗に反していたり、実現不可能であったりしない限りまあどんなとっぴな契約を結んでもいいんです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、実はこの結婚契約書、日本でも密かに流行りつつあります。誰でもが簡単に作れるわけではありませんが、弁護士や行政書士のなかにはこの分野を扱う人もいます。かく言う僕も相談乗れますw。

じゃあ結婚契約ってどれくらい有効なの?っていう疑問がわくでしょう。

まず大きな勘違いですが、一度結んだ結婚契約、取り消し効かないかというと、そうでもありません。夫婦間の契約はいつでも取り消せる、という法律の規定があるからです。

じゃあ、そんな契約意味無いじゃん?というとそうでもありません。夫婦関係が破綻した場合には夫婦間の契約を取り消すことはできない、というのが判例通説の考え方だからです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
つまり、離婚した時のための契約を結んだとします。でも夫婦仲良く、そんな規定は必要ないわよね、ということになれば契約を取り消すことができます。

しかし、いざ離婚騒動が勃発した時に、「夫婦間の契約だから取り消す」と言い出してもそれは認められませんよ、と・・・・。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
婚姻契約は公正証書にすることもできます。予め契約者間で同意し、公証人役場に出向いて公証人に「公正証書」を作ってもらうのです。そうしておけば、契約が成就する事になった場合、裁判を起こさなくても執行命令等を受けることができます。どうせ契約を作るならそこまでしたほうが良いでしょうね・・・・

詳しくはお近くの行政書士まで・・(おひ)

0 件のコメント: