2012年12月8日土曜日

じこに思う


中央道の事故のあと「無駄な道路建設はやめて、メンテナンスにもっとお金をかけるべき」という声が大きくなっているようだ。橋下さんなんかはそんなことを行っているように思う

たしかにそうなんだが・・・。とくにネクスコの責任はあると

でもそれはさておき「中央道が一本しか無い」というリスクが語られていないことが残念だ。
東北地震でも、「4号線と6号線」という2本のバックアップ体制があることでかろうじて流通を維持できた。今回、中央道が使えなくなることで代替の高速道路が無いことで危機的な流通危機を起こしている。

本来「第二中央道」を備えておくことこそリスク管理のはずなのだが。(もちろん、だからといってメンテにお金を回せないのは問題だけれど。それとこれとは話が別のはずなのだ)

無駄な公共投資をなくすことと一切合切公共投資をなくすことは根本的に違う。それを分からない(緻密に勉強しない)政治家のなんと多いことよ。

理想論を掲げる政治家は要らない。具体策を勉強する政治家が欲しい。 耳障りのいいことを話すのではなく、現状を緻密に分析できる能力ある人間こそ選挙で選ばれるべきなのだろう。

0 件のコメント: