2012年12月3日月曜日

トンネル事故。残念だが統計としての事故は今後も増える

中央道の痛ましい事故。長距離の輸送が少ない自分の会社の車も月に数回は利用する大動脈だ。人生で1000回単位でとおっているよという運転手だっているだろう。

今まで日本ではこんな事故はそうはなかった。しかしこれからはありうる。なぜなら道路にカネがかけれないからだ。自分たちはそういう時代、そういう所に住んでいる。そういうことなのだ。

それにしても・・。ネクスコ、どうすんだよ。。。。高いお金払って通行してるのだけどなあ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
カネがあれば安全は実現できる。日本は特に道路においてカネが致命的になくなっていく。そこでどれだけの安全を確保できるか?今回の選挙では争点になっていないけれど、実はすでに深刻な問題が表面化しつつある・・・。

だから運送ストロングセル(しつこい)

僕はこの分野で頑張っていかにゃあイカンのだ。奥さんに約束しちゃったから。

0 件のコメント: