2012年11月7日水曜日

国籍差別?に思う

ソフトバンクのソン社長が「売国奴」とツイッターで書かれたことに反論したそうだ。
あんまり自身の中傷を相手にしない(まあ大人ですからね)彼だが、さすがに売国奴呼ばわりには反論せずにはいられなかったようだ。

日本では出る杭は打たれるので(明らかに彼は成功者だから)妬みやヤッカミを下等な人々からうけるのは仕方がない。そういう人たちはゴマンといて日本の足を毎日引っ張って生きているからw
かれが在日韓国人だった(帰化済み)ということもレイシストの目を引くのだろう
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山崎豊子の「二つの祖国」という小説があったか。(これオススメ)大河ドラマの原作にもなったこの本、自分では選べぬ生まれ、しかし自分で選んだ人生。それでも最後には自分のルーツに縛られた形で自分の人生を選択してしまう2人の主人公。子供ながらに考えさせられたものだ。

ソン社長もルーツが韓国ということで相当な差別を受けてきたことは想像に難くない。それをはねのけたことには尊敬を抱く。逆にそれを言われなく攻撃する人間のなんと下等なことか。それが自分たちの将来にどれだけ負の影響を与えることになるのか、それがなぜわからないのか。


まあ、笑韓ブログを書いておいてなんだが。日本はもっと広い心で世界の人を受け入れて行かないと行けないと思うのだ。もっと世界の人が日本に来て日本で人生を終えたいと思うような国にしなければ。過疎化して沈んでいく日本。そんな日本を残して子孫たちは僕たち先祖をなんと思うだろう。

心の狭さから、入ってくるものを拒んで忘れ去られていった愚か者

そんなところではないだろうか。

0 件のコメント: