2012年11月8日木曜日

ギルドデザイン、スマートフォンバンパーケース

新天地は三重県亀山市というところで育ちました。
亀山市は「世界の亀山モデル」というキャッチフレーズでシャープの町として知られますが、実は昔から自動車やバイクの部品の生産が盛んです。ホンダの鈴鹿工場、鈴鹿サーキットの隣町だからです。自動車生産が盛んな愛知県にも近いですしね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日紹介するのは「ギルドデザイン」という会社の製品。(物欲のコーナーもどうぞ
もともとレース用バイクの部品を作っている会社なのだそうですが、最近、本業よりも有名?なのがスマートフォン向けのアルミ削り出しの「バンパーケース」。
スマートフォンの側面を囲むようにできた「バンパー」型のケース。なにせレースカーに使うような高強度のアルミ(ジュラルミン)を使っていて精度や高級感も抜群。もともとレース用の部品を金属から削り出しで作るような会社ですが、そのオーダーメイド能力と技術力を生かして異業種参入したというわけです。写真の青の他にポリッシュやアルマイトなどの地の色、シャンパンゴールドや赤など各種あります。ケースをつけたままでも充電コードなどへのアクセスがしやすいこともこのメーカーの良い所。単なる飾りではない、極限まで薄く細く作られながら十二分に強度のある芸術品のようなケースです。機能性を追求して作られた、機能美あふれるケース。僕の物欲ドストライクな製品です。

精密さ、洗練度、高級感と引換に、おねだんは10、000円ほどとこの手のケースとしては高め。フランクミューラーの10万円ケースよりは安いですがw
-----------------------------------------------------

個人的には本当はこの「鈴鹿サーキットコラボ」モデル(こちらは裏面もカバーするモデル)が欲しいのですが鈴鹿サーキット内限定発売(多分もう売り切れ)だそうで残念無念。。それにドコモユーザーには縁が遠いアイフォン専用ですしね。製品はレーザーで鈴鹿のコースが刻印されているという凝りようです。
 
 
これが売れれば亀山の景気も上がる。かもw一部ドコモショップなどで実物を置いてあるところがあります。(詳しくはホームページなどで)この手の商品として、他社の製品に比べても洗練された商品だと。これは本当にお勧めです。

0 件のコメント: