2012年11月16日金曜日

財政と景気

最近あるところで「景気が悪くなったら減税して公共投資したら景気は良くなる」って書いてあるのに(教科書にはそう書いてあるわな)のになんで世界中で景気が悪いの?

ってな質問が載ってた。

そりゃどこも減税する余裕も公共投資する余裕もないからやん。つまり、そもそも減税して景気を良くしたり、公共投資で景気を良くしたりすることはできるが、それは麻薬みたいなもんや。続かない。いつかは金がなくなる。

ちょっと調子が良くなった時に未来の種をまかないとね。景気は結局はイノベーションがなければ(あるいは継続的な人口増加がなければ)続かない。というのが僕の持論なのさ。

移民政策、教育の拡充、円高を生かした海外投資(知的財産確保でも良いや)こそ日本の生きのこる道だと思うんだが・・・。

0 件のコメント: