2012年11月5日月曜日

カメラにおもう

新天地はカメラマニアです。カメラの場合、売ったりできるので新しいカメラがでるととっかえひっかえ。さっき数えたところ、銀塩一眼レフ5台(歴代のイオス1三台にイオス5を二台)銀塩のレンジファインダー1台(復刻版ニコンS3ブラック)銀塩コンパクトカメラ5台、デジタルコンパクトカメラ2台。などを所有してきました。レンズは買ったことのあるのを思い出そうどしたのですが、10本を超えたところで思い出せなくなった。少なくとも20本以上は持ってたはずですが・・・。

そんなカメラ遍歴をへて僕も年を取りました。昔は300mmレンスをつけたイオス1と70ー200mm
をつけたイオス5、それとコンパクトカメラをカメラバックに入れ、それとは別にお泊りセットを持って電車で出かけても全く苦になりませんでした。今は違います。

日曜日、奥さんと神代植物公園まで車で出かけたのですが、自慢の「コレジャナイロボカメラ」+標準レンズが億劫になってきたのです。

奥さんからちょろまかしたw富士写真の4年ほど前のコンパクトカメラを持っていったのですが、正直古いカメラで性能はあまり。普段うんちくをかたる僕としては「ああ、カメラが性能良ければ」と思ったりするのですがw。奥さんの持ってるNEX-7の写りがものすごく良いだけに・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
カメラって写りが良いだけではいけない。写すべき状況で構えられるような小型さ、便利さを持っていなければ。一方でやはりとった瞬間に素晴らしい写りを再現してくれる「名刀」で合って欲しい。

かって僕が使っていた銀塩コンパクト、TC-1やTVSはそんなカメラでした。
でも今更そんな銀塩カメラに戻ることはできないし。GRデジタルもG-7もその意味ではなかなか良かったけど、それでもTC-1の心地よさ、映り良さまでは行かないんだよなあ。。。

その意味ではシグマのメリルとかソニーの新しいサイバーショットはすごくいいんですが。。。
奥さんの目をかいくぐってどうやって買っていこうかとw黙って買ってもすぐにバレるわけですが。

0 件のコメント: