2012年10月4日木曜日

「明日、世界が滅びるとしても、今日あなたはリンゴの木を植える」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
流通ジャーナリストの金子さん死去。あえて「経済評論家」を名乗らないのは自らのブランディング戦略だったか(独自性を追求することで自分の商品価値を極大化しようとしたのかな)と。さすが幾多の企業でコンサルティングを勤めてきた人だと思った。

若くしてなくなった金子さん。なんと無くなる寸前の今月1日にも電話で取材を受けていたという。最後の最後まで自分らしくあった金子さんに敬意を表するんであります。

死を迎えることがわかっても、僕はそんな生き方ができるだろうか?
思ったことがひとつ。

そして死を迎えることがわかった(本人にとっては大変貴重な)一日も、今日の一日も同じ1日であるということ。

つまり今日一日ももっと精一杯いきていかないかん貴重な一日であることを改めておもい巡らせたこと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一昨日、仕事で会社に泊まりこんだ新天地。奥さんに甘え甘えしたのはwそんな考えをしていたからかもしれません。

さて、今日も特車作るか。この三日間で売上70マン超えた。給料変わらないけど。時給1万円ペースで利益あげてるはずなんだけどなあ(これから工事の現場が季節的に多くなるんで手続きも増える、というわけです)

0 件のコメント: