2012年9月12日水曜日

ソニー、RX-1を投入へ

ソニーはデジカメを作る会社です。もともとコンパクトカメラを作って来ましたが、一眼レフについてはミノルタのカメラ部門を買収してやってきました。つまり、同じカメラでも一眼とコンパクトではまるでべつの会社のように別々に作って来ました。

ソニーはしかも世界的なC-MOSメーカーでありながらセクショナリズム的なものもあるのかそのデバイス開発力を生かしきれてないところも・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さてそんなうまくいってない?コンパクト部門。画期的なカメラを出してきます。

「RX-1」です。



コンパクトカメラとは言え、いまのデジカメの常識から言えばコンパクトでは無い大きさです。

なぜか?いわゆるフルサイズといわれる大きなC-MOSを採用。そして大きな露光面に比例して大きくならざるを得ないレンズ、それをF=2とやはり大きさが必要となる大口径として来ました。レンズは「カールツァィス・ゾナー」を謳います。
光学設計としてあまりにも有名な「ゾナー」レンズは構造上、一番後ろのレンズと露光面の距離を短くしないといけないので一眼レフ、あるいはレンズ交換式カメラでは広角レンズとしては使いづらい(あるいは使えない)のですがレンズを交換しなくてよいこのカメラでは問題なく採用できます。そしてレンズを固定できるため、その組み付け精度はレンズ交換式のそれをはるかに超えてミクロン単位で組み付けられているそうです。

もうこれはおそらく超がつく高性能なカメラであることは疑いありません。それをできる限り小さく、軽くしてきました。デザインも高級感あふれるものです。プロがサブとして仕事に使うような。(アラーキーならメインで使うような)。スナップ写真家にとってはもちろんメインウエポンになる機材。

ぼくのような「カメラがほしい」(決してそれが人生に不可欠ではないけれどw)人間にとっては嫁さんを質に入れてでも欲しいカメラでしょう。

アメリカでの予想価格が2800ドルほど
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これが爆発的に売れる、とは思いません。でもこのカメラがそこそこ売れることで、2年、3年後には僕らもこういう高性能なカメラを手に入れるようになれるんでしょう。デバイスは大量生産によって値下がりしますからね。

投資家としてはこういうカメラを出せるソニーには敬意を払っておきましょうか。
それともこんなもの開発してないでもっと儲かる商品出せよ、としておきましょうか。

新天地としては出してきた方にプラス評価、とします。

0 件のコメント: