2012年8月30日木曜日

今こそ、富国強兵を。

まあ最近思うに韓国の酋長がいみじくも言ったように「日本は今までの日本ではない」ってことが特定アジアに舐められたりするわけですな。

かくなる上は「独力で」物理的打撃力を維持しなければいけない。アメリカ頼りのいま、アメリカが機嫌を損ねたらなんともならない(今だってアメリカは島ぐらいで揉めるなよ、って内心思ってる)。日本独力で黙らせるしか無い、というのがきれいごとではない、現実世界の真実だ。

その為には税収を確保しなければならない。その為には働く人が増えないといけない。人を増やすには産めよ増やせよか、外人さんウエルカムか、どっちか(あるいは両方か)。今しかないのだ。というのももっと「過疎化」が進めば外人は日本に住みたいと思わなくなる。

いまならまだ間に合う(かもしれん)。現状では出生率を劇的に上げるのは物理的に不可能だ。ならば外国人をもっと積極的に呼んでくるべきだと思うのだが。維新を声高に叫ぶなら今こそ「富国強兵」を謳うべきなのだ。労働人口の増加、生産性の向上、税収増加、武装度アップ。

そしたら株も上がる(そこかw)

0 件のコメント: