2012年8月17日金曜日

独島は我が領土、騒動その後

まさかやらないとは思ったけれど、予想どおりに「独島(トクトと読みます。日本で言う竹島のこと)は我が領土」パフォーマンスを繰り広げた韓国サッカー選手。

そのごこんなことになっています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本でも報道されましたが韓国サッカー協会が日本のサッカー協会に公式メールを送信。もちろん、純粋にお騒がしてごめんね、の意味もありますし、逆に日本から「許してやるよ」の言質が取れれば処分が軽くなるという思惑もあったでしょう。

日本では「韓国サッカー協会の謝罪」として報道されました。が、韓国サッカー協会は謝罪を否定しました。状況を説明しただけだと。
謝罪なんて屈辱は許されないんですな。

韓国国内では批判の声も強かったですが、まあ無罪放免のためにはある程度はしかたがないか、という話もありました。

ところが。非公開のメールのはずが野党議員経由で全文バラされてしまいましたw。誰がリークしたのか。内部からの情報漏れですね。

中身は、確かに英文で「謝罪するとは直接は書いてない」けれど、「Unsporting activities」を「I would cordially convey my regrets」では普通の人が読んだら「謝罪文」ですよね。

更には日本サッカー協会に対し、寛容な理解(kind understanding)と雅量(generosity)を示していただければ深く感謝する、という表現を使い暗に「許してやる」という日本側の返事を誘導しています(実際日本側は「許してやる」メールを返事し、韓国側はそれをFIFAに提出しました)。これは、刑を軽くするには良い手段だと僕は思います
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しかしながら、韓国国内ではこの文章が暴露されてことで「なぜ日本に頭を下げた」と怒りが沸騰中w。完全に「全国民に嘘をついた」と。
もちろん、韓国サッカー協会は騒ぎを起こしたこと自体(中身については当然触れず)だけを説明しているのですが、これでは領土主張自体を謝罪しているのと同じだと。

何も知らない韓国の一部国会議員は「国会に協会幹部を呼びつけて調査し(新天地注今日17日にも委員会をやるそうです)、場合によっては辞任を迫る」なんて息巻いています。あたまに血がのぼっているのはわかりますが、これは大変楽しい、いやマズイ話です。

というのもFIFAは、政治がサッカー協会に圧力をかけることを固く禁止しています。すでにこの発言だけでもグレーですが、もし韓国の三権のうちどれか一つサッカー協会に人事圧力を加えたと認定されれば、メダルどころか国家代表の対外試合禁止が申し渡されるのですが・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さらに。「FIFA」に対する釈明返答期限の16日、韓国協会トップがFIFAを訪問し釈明します。(FIFAは文章による回答を要求したが、トップが直接説明することで少しでも刑を軽くしようとした)。

ところがFIFAは文章を出せ、といっただけ。アポ無し訪問の会長、結局哀れ懲戒委員には誰にも会えず・・・。
韓国ではそのことはまだ報道されていない(関係者に説明したとは報道)ですがそのうちバレるでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
マニアには面白い韓国観察の場面が続きます。

結局「日本が悪い」という事になると思うんですがw

0 件のコメント: