2012年7月25日水曜日

香川選手、褒め殺しで韓国懐柔?

以前にも書きましたが、いま韓国で最も嫌われている?日本人選手は、30年発言のイチローではなく、マンチェスターUに移籍したサッカー香川選手です。(香川選手が、韓国代表元キャプテン・パクチソン選手を「押し出して」移籍させたような形になったから)

その香川選手が韓国記者の単独インタビューを受けました。彼が言った言葉は・・・


「パク選手は疑いなく歴代アジア最高の選手だ」
「パク選手を尊敬する。誇らしい」
「パク選手はアジア人で初めてマンチェスターに入った選手(実際には中国人選手が在籍。そのことを記者に言われて言われて)え?そんな選手聞いたこともない」
「パク選手はビッグクラブで活躍したアジア唯一の選手(長友下げw)」
「パク選手をみてアジア人でもビッグクラブで活躍できると思った。自分もパク選手のように長くマンチェスターにいられるように頑張りたい」

記者が捏造した、通訳が適当に答えた、その他諸々の可能性は考えられますが、韓国世論というかほめられると突然フレンドリーになる韓国の民族性を見事に突いた受け答え。ピンポイントで韓国のサッカーファンんの自尊心を突きました。

実際、韓国の掲示板などを見ると、今まで罵り一辺倒だった香川選手の評価に「日本人選手は嫌いだが認めるべきは認めよう」という軟弱な?世論が台頭してきているのが明らかにわかります。マンチェスターにとってもパク放出でいたんだ韓国でのイメージを少しは守ることが出来るでしょう。

香川選手、なかなか大人です。

0 件のコメント: