2012年6月13日水曜日

三菱の材料だけのせて煽っておく


これが売れてくれればなあ。。
セールスポイント
1とにかく軽量。➾他社製品より数十キロ、下手すりゃ100キロ、実に一割くらい軽い。なので燃費もいい
2新開発のエンジン、アイドリングストップと1のお陰で燃費がいい。➾27.2km/リットル(JC08モード)。この数字は非ハイブリッド、非軽自動車の中ではナンバーワンになるみたい
3。最低価格が100万円割れからと安い。これはタイで生産されることにもよる。もちろん、タイで生産できるように設計し部品を選ぶという戦略によるもの
 
大きさや室内のスペースはもちろんホンダのフィットに及ばない。
しかしフィットより30万円安く、走りも上々。加えて燃費はフィットハイブリッド並み。個人利用ならこれで十分。法人用としても行けそうです。三菱グループとかの会社銀行には売り込み安いでしょうね。
カーグラフィックにも記事が出てましたhttp://www.webcg.net/WEBCG/impressions/i0000026596.html
記事にあるとおり、タイでもこれだけの車が作れるわけですよ、しかも安価に。
日本で車を作る意義って?(作らなければ日本息できないけどさ)真面目に考えないと乾上がってしまうな。

0 件のコメント: