2012年6月5日火曜日

数学的観点

サッカーの試合、「勝てば勝ち点三、引き分ければ勝ち点一、負ければ勝ち点なし」というのがいまの普通のルールです。この前日本は勝って勝ち点三を手に入れました。こうなるとライバルの星勘定をしたくなるのですが、ライバルはどうしてくれるのが日本に有利なのか?数学的に見れば引き分けてくれるのが1番です。

例えば、ライバルが一勝一敗だとライバルチームは、それぞれ三点ずつ手に入ります。これが2分けだとそれぞれ2点ずつ。得失点差とか総得点のからみとかを考えると、ゼロゼロのスコアレスドローでライバルが試合を終えるのが数学的には一番幸せ、と言うことになるわけです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
などと解説する夢を見たw。変な夢。

最終的には直接争うライバルが負けてくれなければこまるという局面は出てきますけどね。

0 件のコメント: