2012年5月29日火曜日

まずはシナリオ。数字なんて鉛筆舐めて作りゃあ良いwもう少し売られたら、あるいは上がってくなら三菱自動車ストロングバイ


新天地はある中小証券会社でアナリストというか営業のために資料を作る仕事をしたことがあります。お客さんに勧める株、なんか考えてよ、というやつです。
いろいろ考えて銘柄をすすめるわけですが、どうやって銘柄を出してくるか?そんなもんアイデアだけ考えれば数字なんてw。
今度三菱自動車をこのサイトのイチオシにしようと思います。っていっても誰かが株を集めている形跡まったくなし。仕手株になるには株数多すぎる。でも買い。理由は
ここまで悲観的に叩かれる株ではないはず。ミラージュ、とても軽い車です。PHV,前評判とっても高いです。電気自動車、そろそろ利益を産んでくれましょう。70円って安くない?みんなが思い始めたら買わせてはくれますまい。これが僕の「アイデア」です。どこで調べてきたかって?自動車雑誌に書いてありましたw業績数字予想なんて上がりだしてから考えましょう。
「潰れなければ」上がるはず。懸念は最後の「投げ」がまだ来ていないこと。5円、10円出来高を伴った下げが来れば笑いながら株を集めたいところです。機関投資家はまだ手出しができない数字の株。しかし、一度上がりだせば機関投資家は泣きながら高値を買わざるを得なくなる株。どうです、痛快じゃないです???
上がったら褒めてください。僕の手柄です。下がったら(潰れたら)忘れてください。自己責任です。

0 件のコメント: