2012年5月9日水曜日

猫バッシングに思う。ついでのグリー(のポジショントーク)

タレントの猫さんがオリンピック出れなくなったそうだ。巷では「ざまあみろ」とか批判的なコメントが多いようだ。

たしかに移籍には違和感がある。でも世の中ではよくある話のはずだが・・・。そもそも国籍ってそもおもうがそれは今日言いたいことではない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
何かアクションを起こした人間を批判することはたやすい。しかしアクションを起こした人間と、何もアクションを起こさないでたやすく他人を批判する人間(まあ僕もだが)ではどっちが価値のある人間だろうか?

毎日身を削って記録を伸ばしてきた人間とそうでない人間。どっちが有意義なんだろうか。そうでない人間が批判する「資格」なんてあるのだろうか?

自分も省みて思わずにはいられないのだ。

猫氏だってオリンピックを目指さなければ今日のようなバッシングは受けなかったであろう。やった人間だけにチャンスは訪れる。やったけれど願いがかなわぬことはあっても、やらない人間にチャンスが訪れることはない。彼に次なる幸運が訪れることを切に願うのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
散々グリーのまずいところを指摘した僕。行政指導か?というところでバッシングも激しくなるようだ。
でも僕は空売りしたからつぶれろだのなんのと書いてきたが、商売そのものを否定する気はさらさらない。ちょっとやりすぎただけなのだ。おかしい株を高値で買わせるのはおかしい。でも天邪鬼な僕はみんなが叩くなら買い方に回る。うわさで売れ、事実で買えとも言うし。
ネコさんの例と一緒だと書いたら問題あるか(注新天地は原稿執筆現在、グリーの買い方です)

叩かれすぎれば反発する。株ならね。人間はそうでもないこともある。猫さん、がんばれ。ついでにグリーも。少なくとも僕がリグうまではw。

カンボジアもがんばれ。僕が尊敬する有名な写真家はカンボジアで命を落としたが、かの国はいまだ内戦の傷跡を残す。かの国と日本の絆がいっそう強くなり、繁栄しまうすように。

0 件のコメント: