2012年4月23日月曜日

いわれたこと

大昔、何度もお世話になった先輩ディーラーと会った。

いろいろ話したのだが一番印象に残ったのは「ディーラーは斜陽産業だから」
という話。

これが稼ぐのにアップアップしている人間の話ならたんなる言い訳だろうが、今でも年収が数千万のトップディーラーの台詞となれば重みが違う。もうこれからはディーラー(いわゆる相場観的なもので勝負してきた今までの「白兵戦ディーラ」)は商売として成り立っていかないのかもしれない。ならば個人としても短期売買で食っていこうなんていうのはどだい無理な話なんだろうな。

今後はより長いスパンの投資を重視していくのが(週単位あるいは月単位)個人の生き残る道になっていくんだろう。そんなお話でありました。

0 件のコメント: