2012年4月13日金曜日

事故

京都の交通事故。

2重の意味で他人事で無い。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
てんかんの持病を持っていたという話。うちは運送会社だけに運転手さんの持病には気を使う。年に一回の健康診断を必ずやっているし、高血圧などの持病がある人間には治療を指示する(突然死が一番怖い)。しかし、てんかんと言うのはそういう検査ではなかなか発見できないし、本人の自発的な報告が無ければ見つけにくい。当然そういう報告があれば少なくとも運転手は辞めてもらうしかない。そうなると仕事を失いたくないから報告しないということになってしまうわけで。もちろんそれで死亡事故が起これば会社の責任と言うことになるだろう。過失と言うよりはもはや実質的な「無過失責任」といえるか。これは立法・行政政策上仕方が無いことだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もうひとつ。
新天地の従兄弟は子供の頃、家族が運転する車に乗っていたところ、夜釣り帰りの居眠り運転の車に猛スピードで正面衝突され、命は取り留めたものの、いろいろ障害が残り(事故を起こした人と同じなんだろう)結局いまは自力では社会生活を送れない状態になってしまった。
従兄弟の場合はひきつけの状態に加えて精神的な病も併発したから、入院と言う形になり、逆に社会的に迷惑をかけることはあまり無かった。でも彼のようにひきつけだけしか起こさない状態だったら、親戚として運転することを止めれたかどうかは自信が無い。

職業選択の自由はあるが、公共の福祉の制限も当然ある。
もちろん、てんかんにも重度軽度の差があるわけで一律に運転免許の制限をかけるのは問題があるだろう。それは過去のさまざまな病による差別や制限が撤廃されてきた動きとも逆行する(新天地は軽度の色弱もちで、大学に行くときにいくつかあきらめた職業がある。今はそのほとんどに制限無くつくことができる。色弱関係者の努力の成果なのだ。なにせぼくが大学生当時JRAでさえ色弱による制限があったらしいのだ(要ソース))
しかしながらここまで事故が出てくると、何らかの制限(ここまで悪化したら免許はダメよ)という専門家によるガイドラインと立法による、恣意的ではない制限が必要になるのかもしれませんね。

0 件のコメント: