2012年3月21日水曜日

復興、ある程度は話し合いで決まるんだろう

復興、これから進むわけだが、こと仮設材に関しては熾烈な競争は起こらないと思う。というのも各社「物がない」からだ。地震直後、仮設材の団体は「この場所はこの会社」というような取り決めをしてくれと言う類の要望書を国に出したと遠くで聞いた。って言うかそうでないと各社対応し切れんはずだから。つまりある程度の受注は各社規模に合わせて入るのかなと。ただし、そんなに「美味しい」案件ではあるまい。遠いし。

それをどう生かすのかは各社の能力しだしだし、それを見抜く能力は投資家には問われるわけだが。
関東のヤードを見る限り、思ったよりもまだ出ていってないようだけれども。河川改修なんかはもう少し注文が来てもいいように思うんだけれどなあ。政治空転の余波か。

0 件のコメント: