2012年1月18日水曜日

グリー

新天地は売屋です。基本的に下がるときにみんなが悲鳴を上げるところで一人儲けながらトップオブザワールドを口ずさむのが人生最良の時間です。(逆行くとひさんだけどねw)






さてグリーのチャート2年かけて上がってきた株価は明らかに「成長が続く」事を前提としたバリエーションまで買われました。どうやら社会問題にもなりましたし、マーケットは飽和しているにもかかわらず、です。今年に入っての急落振りはチャートからもババノ押し付け合いに入ったことを示します。


ギャンはこういう株をもっとも弱いポジションに入った株、として厳に買うことを慎むように記しています。2011年9月からの比較的広い値幅での値動きはこの株をずっと保持していた向きが売りに廻ったこと、そして上下動があることからこの株を押し目買い噴きね売りをしようとしていた向きがいること。そしてついにその需給が崩れ、今の値段を支えきれなくなっていることを示す、と言うわけです。


もちろん高値を覚えている向きや、いまだこの株の未来に期待する向きの買いで何度も反発局面があるでしょう。しかしそういう反発局面こそ絶好の売り場所となります。グリーをウォッチ銘柄に入れておいて空売りのシュミレーションを行ってみるのも良いかもしれません。


来年の今頃は1000円割ってるかもしれませんね。



2 件のコメント:

ラチェット さんのコメント...

他にも、ここ3年にわたる上昇を終え、
舵を切った銘柄に目を付けています。
 
たとえば、
SMC、ファナック、浜松ホトニクス、ヨロズとか…
 
ヨロズの親分の日産も、ヘロヘロな他社をよそに、
独り確りしていたせいか、ここ最近動きが悪くなっているので、
もしかしたら、上記に加入かもしれませんねぇ…
(^m^)ウヒヒ

新天地 さんのコメント...

ラチェットさん
ホトニクスなんかは良く触る銘柄なのでちょっとやってみたいですね。この銘柄、10年ほど前に僕の隣に座っていた静岡出身のディーラーさんが得意銘柄で、癖を教えてもらったのです。

逆行銘柄と言うのは倒れるときは早いわけで。