2011年12月3日土曜日

プライド

以前、家で僕が「芋煮」を作ったことがあった。秋田とかのあれである。

ところが奥さんはあまり好みじゃあなかったようで・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その奥さんが芋煮を昨日作ってくれた。確かにうまいんである。
奥さんは言った。「私が作ったほうがおいしいでしょ」


カチーン(僕のプライドが傷つく音)

みてろ。これよりおいしいやつ作ってやる。
僕は不器用だけど。世の中にはクックパッドとかあるんだいw(基本他人頼み)

取り寄せで芋とか高級和牛とかで作ってやる。。。。。

2011年12月2日金曜日

戦友死す(大げさ)




新天地はパソコンが大好きです。と言うのも、字が汚くて計算能力が無く、物覚えが悪い新天地はPCが無いと社会生活が送れないからです。奥さんには「あなたは私がいなくてもパソコンさえあれば良いんでしょ?」といわれます。




実際、中学生のときにPC-88mk2FRを買ってもらって以来、僕がパソコンを持っていなかったときは一度もありません。旅行に出かけたとき以外、毎日パソコンを触っていたといって良いでしょう。触ってなかったのは浪人生の一年だけ。(高三のときは大戦略とかであそんでたものなあw)


今までも書いてきたとおり、全盛期はwマックとAT互換機を一年おきごとに買い換えていました。特に昔の職業柄、マウスとディスプレイにはこだわりがあり、会社の支給のパソコンに(許可を得てですが)そのときごとの一番大型のディスプレイをつなげ、マウスやキーボードも秋葉に出かけては自腹で買ってきてつなぎ買えていました。






注文端末につなぐマウスは有線に限ります。無線マウスは電池切れとか怖いし、どうしてもレスポンスが一瞬遅れるんじゃあないかと。なので有線のゲーマー用マウスをとっかえひっかえしてました。一方で情報端末にはマイクロソフトのワイヤレスインテリマウスエクスプローラー2.0をずっとずっと使い続けてきました。1万円近くしたこともあるし、ローラーの回転のクリック感とか大きさ、重さ。これはとにかくなじんでるんですね。他のマウスを触ると違和感感じまくりだったんです。




それはディーラーを辞めてバイトをしたり、バックオフィスの仕事をしたり、あるいは再度ディーラーに舞い戻ったり、そして今の会社に勤めても。。。手垢がついてしまったこのマウスがずっと僕の「相棒」というか戦友でした。。。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


今日の朝、会社に来てみたらその相棒が息絶えてたのです。何をしてもうんともすんとも。


わずかに残っていた「ギラギラしていた」頃の形見が消えてしまったような。なんとも寂しい気持ちの新天地なのです。




マウスさがさなきゃな。どれにしようか。でもあんまり予算がw








2011年11月28日月曜日

BUY japan といわなきゃあいけない日が来た

昔々。日本車に追われたアメリカでは、アメリカ車を買おう、ってな運動がおきました。日本人はそれを少なからず冷ややかな目で見てきました。

しかし。携帯電話の世界では、ガラパゴスに世界中から外来種が侵入し、日本市場でも立場が危うくなっています。僕を含めて多数の人が憂慮したように、今年が国内各社にとっての最後の勝負の年だったのですが。。。、


まだ何とかなる可能性もあります。そこの、あ○ップル携帯を買おうとしているあなた。サムチョンせい携帯を買おうとしている貴女。
ここは日本製をかってあげて。まだ何とかなる可能性もある。このまま外国製商品に席巻された後はどうせ外国勢になめられて高い、アップデートの遅いローカル市場に成り下がるのだろうから。