2011年11月21日月曜日

忘れた

某加茂川に日帰りで出かけたw新天地。心地よく酔っ払って帰ってきたのは良いのですが・・・。

お土産かってくるの忘れた。


福引でもらった財布とぬいぐるみと、手作りの梨のジャムで許してくれるかなあ、おくさん。。。

「あなたは本当にもう」

と嘆く顔が浮かぶ。。とほほなのでした。温泉いって温泉入ってこなかったし。

4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ブログ楽しく読ませてもらってます。このブログを見て以来、流動性のない某建設資材銘柄に手を出しましたが、震災復興需要期待にもかかわらずピクリともしませんw

最近の業界動向について見解を示していただけるとありがたいです。よろしくお願いします

新天地 さんのコメント...

うちは、仮設材全般なのですが、明らかに仮設材のリース在庫は減少しています。つまりそれなりに活況なのです。

がしかし、それは活況なのにリース会社は在庫の調達をしていないことをも示しています。この世界では「リース」とはいえかなり損耗する商品なのでどんどん補充していかなければいけないのですが、補充に二の足を踏んでいるといいますか。。

総じてここ数年は良い数字を出せると思います。逆にいい数字を出せない会社は今後ともつらいでしょう。いい数字を出せた会社は、その後も勝ち抜けると見ているのですが・・・。

あとは公共事業の予算配分にもよるとは思います。本気で東北地方の河川改修を始めるんなら、とんでもない量の仮設材が出て行くことになるのは間違いないところです。

新天地 さんのコメント...

いまだ、河川の改修はまともには進んでないですし、改修規模も決まっていないというのが現状でしょう。
どうなりますか。

匿名 さんのコメント...

新天地さん、レスありがとうございました。復興関連銘柄の中間決算を見ると、受注がそれほど増えていない+期末も上積みが見込めてない決算ばかりでした。

業績がいい企業は第一次的緊急復旧を行う日成ビルドやナガワや三協フロンテアのような銘柄だけで、その他は通常営業となんら変わらないような見通しでした。

確実に震災復興需要はあるのでしょうし、都市部でも建設需要が戻ってきていると見ているので、今まで陽を見なかった建設仮設材を扱う二次的復旧作業を行う丸紅建材やエムオーテックや丸藤あたりも業績に恩恵が受けられると考えているのですが、これらの企業についてはどうお考えでしょうか?

また受注しても利益になってないように見えますが、受注が増加していく間に改善されていくのでしょうか?