2011年11月8日火曜日

証券マンの「さが」

今回のオリンパスの件、元野村證券出身者が「知恵を授けた」と言うことらしい。で、野村證券が叩き売られた。しかし。証券会社の人間から言わせれば「辞めた人間なんて他人」である。売られるいわれはまったく無い。。。。異論は受け付けないw


証券マンと言うのは、僕を含めていろんな仕組みについて生半可に知識を得ていく。ああ、こうしたら「一見ばれない」ような仕組みを考え付く。そして巨額なお金が動くのでわずかな割合のパーセンテージだったとしても巨額の報酬が手に入る。手数料さえ入ってしまえば後は知らない。だって悪い事したのはその会社たちであって自分ではないし。最悪、ケイマン諸島の会社で悪事を働いて自分たちはどっか逃げてもよいんである。僕だって相談を受けて、逃げ切れる自信があったなら「同じ事を提案する」可能性はあるかもしれない・・・。

さがだと思うのだ(おーひ  半分まじめに。半分は自戒をこめて。

ばれなきゃ何しても良いと思っているそこのあなた。

ばれます。経験上。

2 件のコメント:

ラチェット さんのコメント...

>ばれます。経験上。
了解(^^ゝ
 
バレても、未練が残らないように、
思いっきり行っときます。

新天地 さんのコメント...

あとは逃げ場所を確保しておくことですかね。

つかまったら謝ると。