2011年10月24日月曜日

スズキが売られる可能性

スズキはヨーロッパで好調だが、なんと言ってもインドでの強さが際立つ。今の株価もそのインドでの利益あってのものだとぼくは思う。

ところで、この地域ではさっぱりだった現代がインド向けに新しい車を出してきた。今回は相当力を入れるらしい。
ーーーーーーーーーーー
最近の現代の勢いは当たるべからざるものがある。この本気度が本当なら、スズキにとってはかなりの困難が予想されるが・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーー
新天地理論
絶対的な商品や高い市場シェアがある地域を持つ会社は、逆にデメリットにもなりうる(そこを失えば株価のプレミアムが剥げ落ちる)。

当たるかどうかはわからんけどね。経営陣の腕前が試されます。

2 件のコメント:

ラチェット さんのコメント...

オサム会長がいる限りは、
そう簡単には、凹まされる事は無いと思います。 
そう、「いる限り」は…
 
会長のお命が、この会社の究極のリスクですね。

新天地 さんのコメント...

ラチェットさん
あまりにも優れた経営者は後継を育てられないとはいいますがスズキもそうですね。

マツキヨなんかはなんとか後継者を育てて無事に引き継いだですけれどスズキは。。

僕は現代自動車の勢いはまだまだ続くし、それによって日本の自動車会社は直接の打撃を受けるば場面が続くと考えだしています。

ちょうどサムソンが日本のメーカーを軒並み追い出したようにです。まずはスズキから。