2011年10月8日土曜日

電池長持ち

10月18日にドコモが新機種発表会。個人的には富士通から出るとされるLTE対応機のF05Dが欲しいかなあ、と思わせるのだが、注目しているのは「長持ちバッテリー」とされる機種が富士通とNECからひとつづつでてくること。もちろんどのくらい長持ちなのかわからないし、たくさんでてくる中のたった2機種だが、これは次の機種にはどんどん広まっていくだろう。

FOMAがでたときも(ボクも買ったけど)とにかく電池が持たなくて一日一回は充電しなくてはいけなかった。これはFOMAが電気を食うというより新しい規格は省電力機能を作りこむのに時間がかかったんだそうな。

つまり、携帯電話と言うと24時間基地局とつながっていないといけないイメージがあるが、実は頻繁に通信機能はオンオフを繰り返しているんだそうな。どれくらいの頻度でオンオフを繰り返しているのかはわからないが、たとえば数秒間休んでは数秒間基地局に自分の位置情報などを送信する、みたいな。あるいはオンオフの際も作りこむことでその電気消費を抑えたり。スマートフォンにおいては大画面により電力消費増とこの辺を作りこむことでまだ電力消費を抑えられる余地がある。この辺の技術競争をうまくやることでシェアを伸ばせるかもね。富士通とNECの新機種がどれくらい「電池長持ち」なのかは注目されます。この辺は海外各社がまだ手をつけれていない機能だから。

0 件のコメント: